健康な腸を育てるためには腸内環境を整える

改善するために

慢性下痢が続く事の原因

生まれつきおなかが弱い、胃腸薬を飲んでも効果がない、病院で検査しても異常なし、でもおなかがゆるい。こんな慢性的な下痢は腸内環境を整えることで改善が期待できます。 慢性的な下痢の原因は、腸内の悪玉菌が善玉菌より多くなっており腸内環境が劣悪であることや、胃酸の酸度や量が少ない事、体が酸化し腸の働きが低下していることなどが考えられます。 腸内の悪玉菌が多いと、消化吸収を促す善玉菌の働きが弱まり、腸内の内容物が腐敗し、毒素が広ろがります。胃酸が少なかったり酸度が低いと腸へ食べ物が届いたとき十分に消化できず下痢の症状が現れます。体の酸化は、疲れやすい事や、体臭やしみができやすい、白髪が増えるなど、老化現象に近い症状が現れます。これらの原因は胃腸薬をいくら飲んでも根本的な解決にはなりません。

腸内環境改善にはクエン酸

腸内環境を整えるためにまず、食事やサプリメントからの善玉菌の摂取を考えます。しかし善玉菌をいくら摂取しても善玉菌の活躍できる腸内環境でなければ無意が無くなってしまいます。 まず腸の働きを整えてから善玉菌を増やす順番で行ってみましょう。腸の働きを高めるために、クエン酸を多く摂るようにしましょう。 クエン酸は胃を刺激し胃酸の分泌を促します。さらに腸に入ると悪玉菌を殺菌し、善玉菌の住みやすい腸内環境を整える作用があります。またクエン酸の抗酸化力が体の酸化を抑え、腸の本来の働きを促します。 クエン酸が多く含まれている食品は、酢や梅干し、レモンやキウイ、みかんやグレープフルーツなどであり、それらの食品を多く摂り消化器系の環境を整えてから、善玉菌を増やし腸内環境を整えることを試みましょう。