健康な腸を育てるためには腸内環境を整える

不調になる

腸内環境を整えるために

腸内環境を整えることは、心身の健康と密接に関係しています。腸内環境を整えることで、腸内の免疫が活性化し、身体の不調を妨げます。逆に腸内環境が悪化すると、原因不明の体調不良が続き、気力を失うなどして、それが万病の元となっていきます。そのような状態においては、口臭や体臭も増えるといわれています。 それでは腸内環境を整えるためには、どのようなことをすればよいのでしょうか。 それはまず肉食をやめることです。肉食は腸内の悪玉菌を増やす直接の原因と言われています。また脂肪分の多い肉を摂取することで、高脂血症の原因になるばかりでなく、あらゆる生活習慣病を招き、それが結果的には脳梗塞などの大病へと繋がる危険性があります。

ストレスをためないことも大切

腸内環境正常化のためには、適度な運動をしたり、ストレスをためない生活をすることが大切です。 適度な運動というのは、自分で無理をしない程度の運動を心がけるということです。アスリートのように自分を追い込んだり、しっかり疲れるまでやるような必要はありません。散歩などを気持ちよくすれば十分なのです。それは同時にストレス解消にもあるでしょうし、森林浴のようなものを織り交ぜることで、効率よくストレス解消するとさらに良いでしょう。 そしてヨーグルトなどの発酵食品の摂取も腸内環境のためには良いと言われています。また腸内環境が悪化している人を対象に、スマートガデネン乳酸菌など、専門的な研究機関が開発した、協力な乳酸菌サプリメントを摂取することも、腸内環境を整えるために一役買うことでしょう。